2011年06月05日

東北ボランティア記〜2〜




<29日午前5時半>



日が昇った頃、宮城県岩沼市にin。
ボランティアセンターが開くまでの空き時間に、同じ宮城県の沿岸部で、
岩沼市から南に少し離れた亘理町に立ち寄った。



人口約3万人の小さな町。今回の震災で
死者は254人、行方不明者は13人に上っている(6月3日現在)。




watari1.JPG




海から200メートルほど離れた田畑には、まだ大量の水とがれきが占領している。




たくさんの乗用車が、持ち主が見つからないまま、その場所にとどまっていた。




watari3.JPG




土台から傾いた家。津波の破壊力の大きさを見せつけられる。




watari4.JPG




このお宅の住人たちは、無事だったのだろうか。





IMG_0680.JPG



水が引いた場所は、戦後の焼け野原のようだった。






kaigan1.JPG




海岸線へ。





kaigan3.JPG




松林が、海と反対側になぎ倒されている。




kaigan2.JPG



コンクリートの堤防が、溶けたチョコレートのようにゆがんでいた。



kaigan4.JPG



この砂浜は、以前は景勝地としてしられていたそうだ。
昔の面影は、みじんもない。




kaigan5.JPG



この海が、震災当日はどんな顔になったのだろう。




私は仕事で千葉県内の被災地を何度も訪れていたので、
あまり驚きはなかったけれど、
被災地に初めて入ったメンバーは、声を失っていたようだった。


(続く)


posted by shinjo at 19:25| Comment(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東北ボランティア記〜1〜



すっかり忘れかけていましたが、初志貫徹。
ボランティア記、行きます。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<なれそめ>

私が参加したのは、個人企画のボランティアバスだった。



震災直後、仕事で訪れた千葉県旭市の避難所で、炊き出しをしていた学校の先生が、
後日、「個人で東北にボランティアバスを出したい。紹介してくれないか」と連絡をくれた。


最初はただ、紙面で紹介するつもりで話を聞いていたんだけど、
先生から「SHINJOさんも行ってみたら?」と誘っていただいて。


私はボランティアなんてものに今まで一度も関わったことがないし、
正直、あんまり興味もなかった。なんか「してあげてる」感に違和感があって。


でも、誘いに「うん」と答えてしまった以上、後に引けなくなってしまい。
そんな不純な動機でした、皆さんすいません(ぉぃ)



参加するにしても、何を用意したらいいのか分からず、
とりあえずボランティアマニュアルなるものを参照。



(マニュアルはこちらから見れます)
http://msv3151.c-bosai.jp/?module=blog&eid=13634&blk_id=13403


仕事を終えて、ホームセンターに直行。


・安全靴タイプの長靴(そこまで本格的なものではないけど)
・軍手
・肩まである厚手のビニール手袋
・ゴーグル(500円くらいの)
・防塵マスク
・スコップ(園芸用)


必要最小限と思われるものを購入。向こうで足りない物を買えるか分からないからね。


<4月28日夜>


集合場所の千葉みなと駅前に向かい、
参加費2万円とボランティア保険のお金を受け付けで支払い終了。


午後10時35分、予定時刻から35分遅れて(!)
出発。東京駅を経由して、目的地の宮城県岩沼市へ向かった。


参加者は主催者の先生家族を入れて54人。
バスの中で、全員が軽く自己紹介した。団体バスだけあって、初心者が大半。
中には還暦を過ぎて、「初めてボランティアに参加しました」というおじさんもいた。


ビックリしたのは、1人で参加している20〜30代の女性が多かったこと。
ツアーという安心感も手助けしているようだ。ま、私もそうだけど。
10代の子もちらほらいて、男子高校生3人組の姿も。みんな志高いのね。

それよりもビックリしたのは、バスの席に着いた瞬間から、
隣の人と「どこからですか〜」と会話を交わす声があちこちから聞こえてきたこと。
まるでここはニューヨークの地下鉄か!とつっこみたくなるくらい、みんな
超フレンドリー。山手線でこれやったら気味悪がられます。
目線が前を向いている人たちだからこその雰囲気かな。敬服しますた。


私はとにかく仕事で疲弊していたので、短い睡眠時間をとる。



<29日午前4時15分>


福島県にある、東北道国見SAに到着。半分うつらうつらしながら、
休憩所に向かう。



kunimi.JPG



GW中だったのもあるんだろうけど、思いっきり混雑。
ガードマンのおっさん2人が、入り口で忙しそうに交通整理していた。


「朝一番に仙台に行くトラックや乗用車が多いんですよ」と先生。
ボランティアバスらしき大型車両も、何台かあった。
ナンバーも、大宮、所沢、柏など県外ばっかり。帰省かな。ボラかな。


駐車場の奥にあるGSも、長蛇の列ができていた。



(続く)




posted by shinjo at 18:17| Comment(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まあじゃん



長らくご無沙汰しました。


当の本人が、このブログの存在をほぼ忘れかけていました(汗


SHINJOです。







ところで最近、私、







雀荘に通っています。











いや、さすがに1人ではないよ、あんた。





ちゃんと4人で行っています。そこんとこ宜しく






この年になって、なぜか麻雀にはまり出しまして。





大学時代につきあっていた彼氏が三度の飯より麻雀が好きな奴で
それがきっかけでルール覚えた過去があるんですけども



今まではほとんどオンラインゲームだったんですね。




ところが、職場の同僚で麻雀好きな方に誘われ




何気なくついて行き、混ぜていただき








これがもう








楽しくて。







まあこんなピヨピヨはあっけなくこてんぱんにされる訳ですけれども
(2回やって計1万9千円負けた)





だってさあ





1位→4位→1位→4位→4位




出入り激しすぎて結局ビリ。こんなのばっか












これがまた悔しくて。








私もともとはまるたちですので





「勝てる麻雀の本」








2冊買いました







バカですね









職場の後輩(麻雀強い)を師と敬う今日この頃です














その後輩にこないだ負けないこつを教えてもらい







こつっていうのもたったひとつ






「振り込むな!」





これに限るんだそうだ




(確かに振り返ると、私振り込みまくってた)









これを、実戦でこつこつ実践。(決してしゃれではない)








いやあ本当に負けません(笑)










今週は、2戦2勝でございます。







うれしくて気がおかしくなりそうです








先週なんか週3回の試合でした。







まあじゃんて、時間経つの忘れるのよね







夜から初めて、帰るのほとんど夜明け前。















おかげで、夜眠れなくなりました










あー、麻雀したい






そして、ついでにテニスも始めました。




腕がいてえ。




posted by shinjo at 17:22| Comment(0) | その日暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。