2011年11月17日

すわ親治



こんちゃーす


だいぶご無沙汰しております


ここ最近、名古屋行ったり、福島行ったり、ばたばたしておりました



昨日なんかきちがいがバスジャックするしさあ
千葉以外でやってくれよ、と言いたい。


ところでここ2、3日、はまっているのが



すわ親治 氏



現実逃避中にYouTubeで見つけたんだが



ドリフ第6の男と言われていたのね。天才です。
職場で腹抱えてわらっとります。


ネコ車ダンスは感涙しました








posted by shinjo at 11:42| Comment(0) | その日暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

久方ぶりに



SHINJOです。


このブログみてる方もういないかもしれないな。


というか当の本人が存在をしばらく失念していた。


東北のボランティア記も第2回でおわっとるやないか(汗


ここ何ヶ月かの間でさてさていろいろありましてね。


また状況の整理がついたら書きます。


posted by shinjo at 12:10| Comment(0) | その日暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

東北ボランティア記〜2〜




<29日午前5時半>



日が昇った頃、宮城県岩沼市にin。
ボランティアセンターが開くまでの空き時間に、同じ宮城県の沿岸部で、
岩沼市から南に少し離れた亘理町に立ち寄った。



人口約3万人の小さな町。今回の震災で
死者は254人、行方不明者は13人に上っている(6月3日現在)。




watari1.JPG




海から200メートルほど離れた田畑には、まだ大量の水とがれきが占領している。




たくさんの乗用車が、持ち主が見つからないまま、その場所にとどまっていた。




watari3.JPG




土台から傾いた家。津波の破壊力の大きさを見せつけられる。




watari4.JPG




このお宅の住人たちは、無事だったのだろうか。





IMG_0680.JPG



水が引いた場所は、戦後の焼け野原のようだった。






kaigan1.JPG




海岸線へ。





kaigan3.JPG




松林が、海と反対側になぎ倒されている。




kaigan2.JPG



コンクリートの堤防が、溶けたチョコレートのようにゆがんでいた。



kaigan4.JPG



この砂浜は、以前は景勝地としてしられていたそうだ。
昔の面影は、みじんもない。




kaigan5.JPG



この海が、震災当日はどんな顔になったのだろう。




私は仕事で千葉県内の被災地を何度も訪れていたので、
あまり驚きはなかったけれど、
被災地に初めて入ったメンバーは、声を失っていたようだった。


(続く)


posted by shinjo at 19:25| Comment(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。